法人カードとは?

法人(法人代表者)・個人事業主を契約主とし、おもに事業決済用として使われるカードのこと。

限度額や特典も、一般の個人用カードと比較して充実しているものが多い。

「法人カード」と「ビジネスカード」と「コーポレートカード」の言葉の定義

法人カードとは、法人名義(個人名義だが、実質的には法人口座から引き落としのカードも含む)で契約するクレジットカードのこと。

ビジネスカードには、「名刺」の意味がありますが、日本でGoogle検索する方の多くは、法人クレジットカードという意味合いで使っているようです。

コーポレートカードは、主に20名以上の大手企業向けカードとしての法人カードの呼び分け。経費精算の手間を省くために会社から持たされるクレジットカードとして被雇用者側が主に使うものとして浸透しています。カードの機能が大きく変わることはありません。

パーチェスカード(パーチェシングカード)と呼ばれる、企業の特定決済に限定された経費利用のカードもあります。

キャッシュフロー・経理処理の側面でも事業用のクレジットカードは必須

単純に振込みや現金以外の「支払い手段として」の役割であれば、他にもデビットカードなどがあります。クレジットカードならではのメリットが下記。

おすすめの法人カード

初年度年会費無料で持ちやすい法人カード

マイルが貯まる法人カード

法人カードの審査とは?

審査時には法人だけではなく法人経営者自身の信用情報も審査されます。

法人代表者を契約者とするカードが多く、決算書は見られないことが多いです。つまり、設立初年度や決算書がない、赤字の状態でも申し込める法人カードが多いです。